沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄

沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄

トラック王国(1社査定) トラック一括査定王(5社査定)

・即日現金買い取り


・手早く売却先を決めるなら1社査定が簡単


・名義変更その他面倒な手続きはすべて代行


沖縄県対応


・厳選5社に一括査定で最高値を



・時間に余裕があるなら一括査定が高値に有利


・断りを入れる業者にはサイトが「お断り」を代行


沖縄県対応

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

沖縄県のご自宅・事業所に無料で出張査定・出張買取に行きます!

 

 

■トラック専門の買取査定サイトをおすすめします

 

沖縄県にお住いのあなた。

 

2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンを売るかどうか迷っていらっしゃるでしょうか?

 

あるいは今すぐ売るつもりはないけれど何となく査定額(買取相場)が気になるということもあるでしょう。

 

中には事情があって今すぐにでも現金化したいという方もいらっしゃるのでは?

 

そんなあなたには当サイトがおすすめする商用車専門の買取査定サイト(無料)を一度試していただきたいと思います。
<※>2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンは一般の車買取査定サイトでは取り扱っていないか、あるいは極端に低い査定額しかつかないケースが多いです。

トラック王国(1社査定)

 

沖縄県内すべての地域に出張買取に来てくれます(無料)

・ここは<結果が早い>です。


・金額の提示も早いし、質問の回答も早いし、売却後の諸手続きも早く、なによりも担当者の対応は顧客満足度最上級です。


・<結果が早い>のは「トラック王国」1社だけの査定だからです。


・トラック王国は商用車買取サイトとしてはたぶん最も知名度が高いところではないでしょうか。


2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンはわたしたちの社会のなかでとても重要な役割を果たしている存在ですから、トラック王国が買取する車両の中では最も買取額が安定している車両(高値安定車両)の一つです。

 

・とりわけ近年は、2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンのタマ数が不足していて、全国の買取店では年式が新しくて程度のいい車両はもちろん、ユーザーが「廃車」とあきらめている車両にもユーザー自身がびっくりするような査定額がついています。

 

・たとえば低年式で50万キロ・100万キロオーバーの車両、故障事故バッテリー上がり放置されている車両、キズ・ヘコミなどが多数ある車両、カスタムで個性が強い車両など、日本国内はもちろん、海外の販路を視野に入れると、耐久性抜群の2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンならまだまだ活躍できます(つまりお金になります)。

 

・また海外の事情を考えると、年式の古い車両というのは特別な価値を持っているのです。

 

2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンの年式が古い場合、それは機構がシンプルで補修がしやすく汎用部品でも直せる・・・ということを意味しています。

 

・こういう古い車両は日本国内はもちろんですが、海外市場ではむしろ<長所>となります(素人でも直せるから)。

 

・文字通り引く手あまたの大人気商品となるんです(だから売れる⇒ちゃんと買取価格が付く)。

 

・今まで放置されていて補修が必要な2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンの場合も、買取店が独自に抱えている修理工場で完成車としてよみがえり、中古車として立派に流通します。

 

・万が一補修不能の車両であっても、エンジンやトランスミッションを始めとして徹底的に部品取りされて、そうした部品が国内・海外の豊富な販路へと旅立っていきます(買う人がいるお金になる査定額が付く)。

 

・要するに売れるんです(廃車で鉄クズなんてもったいない)。

 

・いずれにしても様々な事情でもう使用しなくなった2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンをすぐに何とかしたい、お金に換えたい…というときは、できるだけ短時間で手短に売却先を決めたいものです。


・そんなときの一番のおすすめがトラック王国です。


・1社だけの見積査定なので、金額の交渉を含めても<結果が早い>です。

事業を縮小することになり、現金も必要だったのですぐに対応してもらえる業者を探していた。この業者はその日に現金で支払ってくれると聞いて頼んだが、本当にその場で全て現金で支払ってくれた。引き取った後に名義変更完了の通知が来て安心した。( K・Hさん/男性/40代/沖縄県)

・とりわけ2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンは国内・海外の高い需要を背景に査定額が高値安定しているのが強みです。


・出張査定してもらっても無料ですし、その場で現金買取が可能です。


・また車両の名義変更など買い取りにともなう面倒な手続きがある場合はトラック王国が代行してくれるので通常業務に影響しないのがありがたいですよ。

「事情があって今すぐ現金が欲しい」という場合、「車検証」「印鑑登録証明書」「実印」を持参していれば最短1時間〜2時間で現金化できます。複数台の車両を売却する場合も1億円までなら現金払いが可能です。すぐに現金化したい人にとってトラック王国ほど心強い業者はないでしょう

沖縄県内すべての地域に対応

 

 

トラック一括査定王(5社査定)

 

沖縄県内すべての地域に出張買取に来てくれます(無料)

・より高い査定額を勝ち取るには複数の買取店の競合が有利です。

 

・こちらのサイトでは商用車買取業界の有力5社を厳選しています。

 

・「トラック王国」「1069堂(トラック堂)」「買取の王道」「トラックジャパン」「ソッキン王」の5社です。
 <※>「トラック王国」は上記1社だけ査定の「トラック王国」と同じ買取店です。

 

・この5社は一般の車買取でいえばガリバー・カーセブン・ビッグモーター・カーチス・ユーポスといった大手の買取店です。

 

・あなたが売りたい2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンの情報を1度入力すると、5社から買取額の提示があります。

 

・通常、その中の上位2社〜3社にしぼって交渉を進めます。

 

査定する担当者は他社が競合していることを知っているので、おのずと査定額は上がります

 

2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンは希少で付加価値の高い車両ですからどの買取店も喉から手が出るほど欲しがっている車両で、常に高値安定車両であり、それゆえ常に品薄状態が続いています。

 

・さらにタイミングの問題というものがあって、たとえば買取店Aに、査定に出した車両の条件と似通った条件でタイミングよく引き合いがきていたりすれば、結果的に、買取店Aは他の買取店より高い査定額を提示するでしょう。

 

これこそ複数社で競合する強みと言えます。

 

エンジンの調子が悪く、入れ替えることにしました。ディーラーの下取りは安いのでネットで何社かに査定を出しました。どこも白煙が上がるからと安い金額だったけど、1社だけ高く査定してくれました。本当かなと思ったがちゃんと振り込まれて安心したところです。( H・Mさん/女性/40代/沖縄県)

グレードは査定額にあまり関係がないと言われていたが、1社だけはそこもプラスしてくれた。中はキレイにしていたので嬉しかった。大切に乗っていた車だったので感慨深かったけど手放すことにした。( S・Nさん/男性/30代/沖縄県)

 

・いずれにしても、1社だけの査定と違って複数社に査定額を提示してもらう方式なので、商談成立までにはそれなりに時間とエネルギーが必要となります。

 

・事情があって出来るだけ早く現金化したい場合はちょっと気持ちに焦りが出るケースもあるかもしれません。

 

・でもその甲斐あって最終的な買取額はより高額になるのが通例です(世の常ですね)。

 

・結論として、2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トンの売却を決断し、なおかつ売却を完了させるまである程度時間に余裕があるなら、「トラック一括査定王」の利用をおすすめします。

 

・希望額に近い(場合によってはそれを超える)買取結果が得られると思いますよ。

 

<※>複数社を競合させ最後に1社を選ぶのですから、当然「お断り」を入れなければならない業者が出てきます。その際「トラック一括査定王」の担当者があなたの代わりに「お断り代行」をするサービスができたんです! 実際やってみるとわかりますが、これはすごくありがたい(精神的負担感を減らせる)サービスですよ。

沖縄県内すべての地域に対応

沖縄県のご自宅・事業所に無料で出張査定・出張買取に行きます!

那覇市 宜野湾市 石垣市 浦添市 名護市 糸満市 沖縄市 豊見城市 うるま市 宮古島市 南城市 国頭郡国頭村 国頭郡大宜味村 国頭郡東村 国頭郡今帰仁村 国頭郡本部町 国頭郡恩納村 国頭郡宜野座村 国頭郡金武町 国頭郡伊江村 中頭郡読谷村 中頭郡嘉手納町 中頭郡北谷町 中頭郡北中城村 中頭郡中城村 中頭郡西原町 島尻郡与那原町 島尻郡南風原町 島尻郡渡嘉敷村 島尻郡座間味村 島尻郡粟国村 島尻郡渡名喜村 島尻郡南大東村 島尻郡北大東村 島尻郡伊平屋村 島尻郡伊是名村 島尻郡久米島町 島尻郡八重瀬町 宮古郡多良間村 八重山郡竹富町 八重山郡与那国町

【沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄県】

 

 

■各種トラックの買取査定に関する<よくある質問>

事故でキズ・ヘコミがあるトラックは修理してから査定に出すべきですか?
相続の対象となる車両の買取や廃車は可能ですか?
ローンやリースが残っているトラックなどは買取してくれますか?

沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄

結論を言いますと、修理しないで査定に出すべきです。もちろん修理してから査定に出したほうが査定額は高くなります。ただ修理にかかった費用分をそっくりそのまま査定額に上乗せしてくれるかというと、そんなことはまずあり・・・続きを読む

沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄

たとえば、親が亡くなってその親が乗っていた車を売ろうと思っても、車は相続財産となるので、勝手に売却することはできません。家や土地などと同じように、まず誰がその車を相続するのかを決め、相続人が決まれば、自由に売る・・・続きを読む

沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄

ローン、残価設定ローン、リースの契約がまだ残っている車ですが、この車を買取してもらうことは可能です。ただし、必要な手続きを取らなければなりません。具体的には、車の売買をするには車検証上の所有者があなたの名前に・・・続きを読む


車検切れの車は車検を通してから買取査定に出すべきですか?
トラックのクレーンが故障している場合は修理してから査定に出すべき?
法人名義のトラック・重機は買取可能ですか?

沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄

結論を言いますと、車検が切れている車両は車検が切れている状態のまま買取査定に出してください。そのほうがソンしないですよ。確かに車検を通してから査定に出したほうがより高い査定額が付きます。しかしその場合、車検に・・・続きを読む

沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄

一般的には「査定は現状のまま」が鉄則です。だから事故によるキズ・ヘコミとか車検が切れている場合などは、修理をしないでそのまま査定に出すほうが、結果としてソンをしないで済みます。というのも、各買取店は、通常、自社・・・続きを読む

沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄

法人名義の車両の買取はもちろん可能です。個人名義の車両と基本的には何の変りもありません。というか、トラックや重機やバスなどは法人名義の車両であることが普通ですから、買取店としては「手慣れたもの」なのです。個人・・・続きを読む

トラック・重機・バスの買取で必要となる書類は?
車の売却後に必要な名義変更や抹消登録などは誰がやる?
ネットの買取査定より外国人バイヤーのほうが高く買い取ってくれる?

沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄

重機の場合書類が必要ないケースもあります・・・あなたでなければ入手できない書類やあなたのサイン・押印が必要な書類については担当者が丁寧に教えてくれるので指示に従うだけでOKです。あまり難しいことを考えずに買取店の・・・続きを読む

沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄

トラックやマイクロバスなどを買取店に売却した場合、ナンバープレートを返納したり、車検証の名義変更をしたり、抹消登録をしたり、自動車税・自動車重量税の返還や自賠責保険の解約・・・といった手続きをする必要があります・・・続きを読む

沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄

「日本車」「Japanese Car」「Made In Japan」は海外では巨大なブランドです。日本で役目を終えた車両でも海外ではまだまだ現役で活躍できる車がたくさんあります。そういう事情を背景に、外国人が直接トラックや重機など・・・続きを読む

>>(沖縄県全域に対応)無料査定はこちら

【沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄県】

 

 

■(沖縄県内の)故障車・事故車・冠水車・水没車・不動車・過走行・低年式・バッテリー上がり・キズ・ヘコミなどどんなトラックも高額査定・高価買取できる理由

 

低年式でも買取OKの理由

排ガス規制前(NOx・PM不適合)の車両や、年式が10年〜20年落ちの車両でも大丈夫。サビや破損が激しく、どこの業者にも買取ってもらえないような古いトラックにも価値はあります。「低年式だから欲しい」という人もいるのです(安くて機構がシンプルだから)。

過走行でも買取OKの理由

100万kmオーバーのトレーラーヘッド・幌ウイング・平ボディから、20万km〜30万kmオーバーの回送車・車両運搬車・セーフティローダーなどなど・・・あるいは走行距離が不明で、年式が古く値段がつかないようなトラックも買取ります(ユーザー様が勝手に「廃車」と決めつけないで)。

水没車(冠水車)でも買取OKの理由

台風・集中豪雨などによって水没してしまい、動かなくなった冠水車(水没車)でも買取可能です。一般的に買取業者では敬遠されてしまうこともある冠水車ですが、部品を再利用する販路を確保しているので買取OKです。このようなトラックでもニーズが充分ありますからぜひ査定依頼して欲しいです。

事故車でも買取OKの理由

事故などによって動かなくなったコンテナ専用車や、修復歴があるトレーラーヘッド(トラクターヘッド)も買取いたします。こうしたトラックをお持ちの方は手続きが面倒な廃車処分を行わないでぜひネットの査定をご利用ください。 一見価値のなさそうな車両でも現金買取することが出来ます。気軽かつおトクに車両の処分が行えます(ご自分の判断で「廃車」と決めつけないで欲しいです)。

不動車でも買取OKの理由

ディーラーや多くの買取業者で「0円」と切り捨てられてしまったような不動車や、事故・故障などで動かなくなった幌車などのトラック。またエンジン・部品が故障して「これはもう廃車するしかない」というその他のトラックも諦めず査定依頼してください。

故障車でも買取OKの理由

パーツの故障やエンジンの破損で事業所の片隅に放置しているトラックはありませんか。一見寿命を過ぎたように見えるそんなトラックにもちゃんと価値があります。部品のみの買取も可能ですからまずは無料査定をご利用ください。

バッテリー上がりでも買取OKの理由

長期間放置していたためバッテリーが上がってしまって自走不能となったトラックもOKです。気軽に無料査定をご利用ください。過去の実績を見てもバッテリーが故障していてエンジンがかからないなどバッテリー絡みのトラブルがあるトラックでも高額で買取されている実例は多数あります。

キズ・ヘコミでも買取OKの理由

あなたのトラックにキズやサビ、動作不良があっても高額買取できます。バンパーのくぼみ、タイヤのすり減りも、査定前に修理などする必要はありません。高い修理代でかえって損をすることになるからです。キズのある状態のままで無料査定をご依頼ください。

>>無料査定の詳細はこちら(沖縄県全域に対応)

【沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄県】

 

 

■沖縄県でトラック専門の買取査定サイトを利用した人(個人・法人)の声

 

会社をたたむことになり、全部で8台のアルミブロックを売ることになった。どうせ分割になると思っていたが一括で支払ってくれて驚いた。入金も指定した日に入れてくれて引き取りも一回で済ませてくれた。いっぱい売る時は色を付けてくれるみたいでそれも嬉しかった。どこまでもありがとうございました。( Y・Kさん/男性/40代/沖縄県)

 

随分ほっといたダブルキャブでバッテリーも上がっていたのにバッテリーを持ってきてくれて繋いでくれた。かなり汚れていたのにイヤな顔一つせず細かいところまで見てくれた。一生懸命さに打たれてその場で売ることを決めてしまいました。( H・Dさん/女性/50代/沖縄県 )

 

インターネットで査定依頼を入れて、20分後に連絡が来てビックリした。概算金額と聞いたけど、実際にウチのウイングトレーラーを見てもらって出た最終金額が変わらなかったのでそれにも驚いた。

( S・Hさん/男性/40代/沖縄県 )

 

かなり走ったセルフローダーだったので、正直査定額は期待していなかった。地元業者で納得いく値段が付かず、ネットで見つけた買取査定に依頼してみた。最終的に希望の金額で買い取ってもらえて満足した。( Y・Tさん/男性/40代/沖縄県)

 

地元の車屋に出戻りでエルフの平ボディを引き取ってもらおうとした。見てもらったが状態が悪かったようでいくらにもならなかった。試しにネットで買取査定してもらったが海外で需要があったそうで、何倍も高い査定額が出てきてびっくりした。( K・Yさん/男性/40代/沖縄県)

 

ホイールクレーンを売ろうとしたが、自分でも気づいていなかったクレーンの不具合を説明してくれた。細かく査定額の内訳を説明してくれたので安心して任せられた。( T・Kさん/男性/40代/沖縄県)

 

新車で購入した箱車(アルミバン)だったが、人員整理があり泣く泣く査定に出した。他社では新古車は相場が分からないとあり得ない査定額だったが、1社だけレンタルで使うということで、倍以上の査定額を付けてくれた。助かった!(H・Oさん/男性/50代/沖縄県)

 

50万キロ越えの4トントラックだけれど書類を出したら即買い取ってくれた。売った後の対応も早く、名義変更をちゃんとやってくれるか心配してたけどキチンと丁寧に対応してくれて安心した。(R・Eさん/男性/40代/沖縄県)

>>(沖縄県全域に対応)無料査定を依頼する

【沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄県】

 

 

■沖縄県でも大活躍の各種トラックの特徴

 

「平ボディ」あるいは「平ボディー」と呼ばれるトラック
平ボディとは、トラックボディの中で最も価格が安くボディ重量も軽量なため、積載量がどのボディよりも取りやすいなどのメリットがあります。そのため中古車市場での需要が高く、高値で買い取れ安価で販売できる流通が整っております。沖縄県でも大活躍のトラックです。平ボディは、一般的な荷台のトラックで「アオリ」と呼ばれる物で側面が覆われているトラックです。トラックとして最初につくられ歴史も長く一番スタンダードな形状として知られています。また、天井がないため人力だけではなくフォークリフトやクレーンを使って荷の積み下ろし作業を行うことが可能です。最近では簡易クレーンやテールゲートリフターなどの補助装置の付いた平ボディ車も増えています。

 

「アルミブロック」と呼ばれるトラック
アルミブロックとは、後方・左右側方に、アルミ素材のアオリを装備した平ボディのトラックをいいます。沖縄県でもよく見かけますね。アルミ製のレールを積み重ねる構造で、自由に高さを設計したり調節することも可能です。軽トラックから大型トラックにいたる車種に架装を施すことができ、広く利用されています。煽本体が総アルミ製で耐蝕性に優れ、普通煽に比べて格段に長い寿命を示します。外観はアルミ特有の輝きとすっきりしたラインが美しく、主として一般雑貨などの運搬用車輌に使われています。

 

「Wキャブ」と呼ばれるトラック
沖縄県でもたくさん走っているWキャブ(ダブルキャブ)とは、積荷の運搬と同時に5〜6人の乗車が可能となっているトラックで、多数の架装メーカーで製造されています。そのため中古車市場での需要も高く、高値で買い取れ安価で販売できる流通が整っております。

 

「アルミバン」と呼ばれるトラック
アルミバンは平ボディートラックと同じく、沖縄県でも日常的に見るトラックです。もっとも一般的なトラックと言っても良いでしょう。ドライバン、アルミトラックと呼ばれることもあります。アルミバンの形状は荷台をアルミ製の箱で覆われています。主に長距離輸送に使われるトラックで、引越し業者、宅配便の集配操業など運送業で多く使われています。よく「2tトラック」や「4tトラック」と言いますがこれはアルミバンの積載量を示したものです。アルミ製なので車体が軽量となっています。他のトラックに比べて積載量が多く、高速道路も高速で走行することができます。

 

「パネルバン」と呼ばれるトラック
パネルバンとは、バンのボディ部分がパネルでできている箱型のトラックを指します。 パネル部分の素材は主に、アルミやアルミをベニヤ合板などで補強したもので製作されており、運転席と荷台部分が分かれている構造から匂いなども気にならないとドライバーに重宝されています。 パネル部分に断熱材を合わせた保冷バンや冷蔵・冷凍機能を有した冷蔵バンや冷凍バンもパネルバンの一種に含まれ、デパート業界やパン業界など様々な食品業界の配送業で新車・中古車問わず多くの車両が活躍しています。もちろん沖縄県でも大活躍ですね。

 

「ドライバン」と呼ばれるトラック
ドライバンとはアルミバンの別称です。アルミバンもドライバンも基本的に同じトラックです。最もポピュラーなトラックの一つで、沖縄県でも数多くみられ、全国的にも深夜の高速道路では何十台と見ることができます。主に長距離輸送に使われるトラックで、荷台の部分がアルミ製の箱になっています。外気温を遮断し荷台内部の温度上昇を防ぐことができる「保冷バン」や冷凍装置を装備した「冷凍バン」に対して、温度調節機能を持たないアルミバンをドライバンと呼ぶことがあるのです。引越し業者や宅配便の集配送業、運送業など幅広い用途で使われるトラックです。積載スペースが軽量かつ頑丈なアルミボディで出来ているため長距離の走行でも荷崩れの心配がいりません。

 

「アルミウイング」と呼ばれるトラック
ウィング車は両サイドの側面パネルが上下に開閉できる構造のトラックです。側面パネルを開いた姿が鳥の翼を広げた状態を連想させるので、「ウイング車」「ガルウィング車」「側面開閉車」とも呼ばれています。また、平ボディーとバンの両方の特性を活かした構造になっているため雨天時でも積載作業がしやすくなっており、フォークリフトなどを使ったバレット荷役などを利用した積み下ろし作業もできるため人気があり、アルミウィングなどのウイング車は長距離運送に使われることが多くなっています。特にエアサス付のものやパワーゲート付のものなどは需要が高く、配送業者を中心に新車・中古車問わず所有が増えています。当然沖縄県でも需要が多いトラックです。

 

「パネルウイング」と呼ばれるトラック
パネルウイングとは荷台部分がウイング式に開閉するトラックです。ボタン一つで簡単に開閉でき、フォークリフトなどを使い短時間で荷物を隙間なく詰めることができます。軽量なアルミボディのため積載量も多く、効率的に荷物の輸送ができます。このため運搬行や宅配便の集配作業や引越し業者などの多くの陸送業者が使用しており、国内外を問わずさまざまな場面で活躍しています。沖縄県でもそこかしこを走っています。現在は保冷車や冷凍車でもパネルウイングが利用されています。今まで、パネルはアルミを使われることがほとんどですが近年ではより丈夫で軽量な炭素繊維強化プラスチックが利用されることもあります。

 

「ボトルカー」と呼ばれるトラック
ボトルカーとは、清涼飲料などを運搬するトラックのことで、ベンディングカーやボトル車、ボトルキャリアーとも呼ばれます。沖縄県でも非常によく見かけるトラックですね。作業の性質上、荷箱の奥に積まれたものを取り出す機会も多いため、荷台の左右には引き違いのドアが設けられていたり、棚が設置されたりしていて積み下ろしによる負担を軽減しています。 自動販売機付近に備え付けられているゴミ箱の空き缶を回収できるように、空き缶の収納スペースが設置されているのも特徴の1つです。また、寒冷地のボトルカーは、運搬中に商品が凍結してしまわないように寒冷地仕様に特別な架装が施された車両もあります。

 

「幌車」と呼ばれるトラック
幌車とは、平ボディの荷台あおり部分に金属製の骨組みを組んで、その上からシートを被せた車輌です。シートの素材は、ポリエステル帆布や綿帆布、防汚や耐久性の為に表面にアクリルコーティングしているものもあります。色も様々で、グレーやグリーンが主流ですが、近年オレンジやブルーなどもあります。また会社名をプリントしたりする事が可能です。沖縄県でも定番のトラックです。

 

「幌ウイング」と呼ばれるトラック
幌ウィングとは、直射日光から積荷を守り、車体が軽く積載量を多く確保できるというメリットがあります。ウィング部分が幌シートと呼ばれる綿帆布、軽量帆布、合繊帆布などでできたシートで製造されており、シートが破れたりした場合も修理費用が安く済んだりとメンテナンスにお金が掛かりません。特に、電動式で開閉できる電動幌ウィングの人気が高く、パワーゲートなどのオプションを付けた車両もあります。また、アルミウィングなどと比べ、車体が軽くエンジン負荷が少なく燃費を抑えられる点も魅力で新車・中古車問わず人気があります。沖縄県でも超人気トラックです。

 

「オープントップ」と呼ばれるトラック
オープントップとは、荷台の天井が開放され、四角い囲いのようになったトラックです。上部が開いているため、クレーンなどの重機を使って荷物を積み込むことができます。短時間で荷物の積み込みができ効率的に輸送できます。雨天時や軽比重物の運搬、飛散防止のために幌シートで荷物をカバーするものや天井部分が自動で開閉できるオープントップ車が一般的です。中にはダンプ機構を装備しているものもあります。クレーンで土砂などを積み込み排出時には荷台をダンプアップし一気に排出できるので大変便利です。沖縄県の工事現場などでよく見かけますよね。

 

「車両運搬車(車載車・積載車)」と呼ばれるトラック
車載車・積載車は、様々な呼称があり車載専用車、車両運搬車、キャリアカーとも呼ばれます。沖縄県をはじめ全国の道路でよく見かけるトラックです。また、乗用車の積載可能な台数によってローダー、トランポ、セルフローダー、トレーラーなどと呼ばれることもありますが、これらの車両もすべて車載車・積載車に含まれます。積載方式は、大きく分けて3種類あり、荷台にアユミ板をかけて積載する方式と、アウトリガーによって車体全体をジャッキアップさせて積載するセルフローダー式と、荷台をスライドさせ地面に接地させて積載するセーフティーローダー式があります。また、作業に応じてクレーン、ウインチ、テールゲートリフターといった装置が架装される場合もあります。

 

「重機運搬車」と呼ばれるトラック
重機運搬車とは、セーフティーローダーと呼ばれる車両運搬車の一種です。重機といわれる工事現場や建設現場などで使用される重機や機械を、現場まで運搬するための車両のことです。キャリアカーと呼ばれることもあり、重機などは自ら公道を走ることが出来ないものが多いため専用車両を使って運搬することになります。公道を走ることが出来ない重機とは、ブルドーザーや特殊なクレーン、大型ショベルなどです。重機運搬車は出来る限り積み下ろしを簡単にするための仕組みが取られており、荷台部分にそれらの工夫が施されております。沖縄県でもときどき見かけますよね。

 

「セルフローダー」と呼ばれるトラック
セルフローダーとは、建設や土木工事で使われる重機・建機を現場まで運ぶ車両運搬車(キャリアカー)です。運転席後部に装備されているジャッキによって荷台を後方に傾斜させる機能を持ち、フォークリフトやホイールローダー、ブルドーザー等の自走できない重機・建機や走行速度の足りない重機・建機、故障車や新車の納品等を作業現場まで運搬可能なことから新車・中古車問わず人気があります。沖縄県でも大人気です。

 

「セーフティローダー」と呼ばれるトラック
セーフティローダーとは荷台がスライドするタイプの車輌運搬車です。乗用車、オートバイ、レースカー、新車、建設機など様々な車輌を運搬します。荷台部分が後方にスライドすることで、ゆるやかなスロープができ車輌をスムーズに積み込むことができます。また、荷台を完全に地面を下ろしてしまうものなどもあります。レッカー機能のついたアンダーリフト付きセーフティローダーや自走できない重機の運搬などに使用できるクレーンが付いているもの、荷台の後部だけが傾斜するヒップリフターなど種類は豊富です。沖縄県でも非常に数多くみられるトラックですね。

 

「回送車」と呼ばれるトラック
回送車とは一般では聞きなれない名前ですが、実は車両運搬車全体を指す総称のようなものとして使われています。車両運搬車にはいくつかの種類がありますので、それらをまとめて回送車というカテゴリーで管理しているのです。回送車に該当する車種は以下のようなものがあります。
・二輪車や乗用車を複数台運搬する大型トラックやトレーラー
・重機などの建設機械を運搬するための重機運搬車
・電車や大型の特殊機械を運搬する特殊車両運搬車
これらの車両運搬車を総称して回送車と呼んでいるのです。沖縄県だけでなく全国的に街中で良く見かけるのが最初の大型トレーラーになるでしょう。複数の乗用車を運搬するのに最適な車種となっています。

 

「ヒップリフター」と呼ばれるトラック
ヒップリフターとはセーフティーローダーの一種です。主に公道を自走することができない重機を運ぶために使用される車輌運搬車で建設現場や土木現場などで使用される重機を運搬するのが仕事です。荷台の後方部分をスライドさせることで、スムーズに重機を積み込むことができます。知名度は高くなく、一般的にセーフティーローダーと呼ばれるのが普通です。街中でも重機を積んで走行している姿を目にすることができます。重たい重機を運ぶことができる丈夫な車体を持っています。ただし、基本的には乗用車を1台乗せるサイズが一般的なのであまり大きなサイズのものは作られていません。沖縄県でも数は少なく貴重なトラックです。

 

「トラクター」と呼ばれるトラック
トレーラー(トラクター)とは運転席と荷台や客車が分離できる構造のトラックです。運転席があり被牽引車を引っ張る前部を「トラクター(またはトラクターヘッド)」と呼び、後部の被牽引車のことを「トレーラー」と呼びます。用途や積荷によってカーゴ・バン型、ウィング型、平ボディ型などに分かれており低床トレーラーなど種類も豊富に存在しています。1930年にアメリカ合衆国から10台のトレーラーが初めて輸入され、1944年に日本通運が初の国産トレーラーを製作し、終戦後の1946年に日野自動車がボンネットタイプ及び平ボディ型のトレーラーの生産を始め、広まっていきました。沖縄県の道路でも活躍していますね。

 

「ハイリフトトラクター」と呼ばれるトラック
ハイリフトトラクターとは迅速な積荷の降ろし作業を可能にする車両です。大きなアームで袋詰めしない状態の荷物を積載したコンテナを牽引し、目的地まで運んだのち、トレーラーを切り離し車両側コンテナを高く持ち上げ傾斜を付け荷物を一気に排出します。モルトや大豆、肥料、飼料など主に,粉粒体の運搬に使われます。傾斜角度を高くすることで排出スピードが速くなり作業が効率化します。尚、ケミカル物質の運搬などは巻き上がらないように傾斜を調節することも可能です。通常のトラクターとして使用することもできるので汎用性の高い一台となっています。数はそれほど多くはないものの沖縄県でも活躍しているトラックです。

 

「トレーラー」と呼ばれるトラック
トレーラーとは、けん引用自動車にけん引される車両です。トレーラー自体にはエンジンが付いていないため、単体で走行することはできません。また、トレーラーをけん引する車をトラクターと呼びます。トレーラーはトラクターにけん引されて初めて走行するこができます。この状態をトレーラートラックと言います。セミトレーラー、フルトレーラー、ポートトレーラー、キャンピングカーなどがあり、総重量750kgまでなら普通免許でけん引することができます。沖縄県でも様々なシーンで活躍しており、特に長距離輸送には欠かすことのできない車です。

 

「ウイングトレーラー」と呼ばれるトラック
ウイングトレーラーとは、パネルバンやアルミバンのボディ側面がガルウイングドアのように開閉するトレーラー型のトラックです。 両側面が大きく開くことによって、フォークリフトでの積み降ろしが効率的に行えるほか、けん引式で単車よりも最大積載量が大きいという特徴をもちます。 ウイングボディとトラクター・トレーラーのメリットを兼ね備えた車両で、大量の積み荷を長距離輸送するのに適しています。単独走行ができないため、トラクターと連結して走行する仕組みですが、公道運転の際には車検を通す必要があり、ナンバープレートを付けなければなりません。沖縄県の道路でもよく見かけますよね。

 

「ダンプトレーラー」と呼ばれるトラック
ダンプトレーラーとはトレーラーダンプと呼ばれることもある車両です。一般的なダンプトラックでは運べない大きな荷物や、より多くの荷物を一度に効率的に運搬するために作られた車輌です。トレーラー式でセミトレーラーまたはフルトレーラーにダンプ機能を兼ね備えています。日本では1999年に規制緩和が行われ、土砂運搬が可能になりましたが積載物込みの重量が道路や橋梁の規格を超える場合には特殊車輌通行許可制度により道路管理者に許可申請をしなくてはいけません。こうした事情から日本ではセミトレーラータイプが圧倒的に多く積載量が18トンタイプが人気となっております。ダンプトレーラーを運転するためには、乗用車の免許およびトラックの免許、けん引き免許が必要になります。沖縄県でも希少なトラックです。

 

「セミトレーラー(セミトレ)」と呼ばれるトラック
セミトレーラーとはセミトラクターに連結することで初めて走行できる車輌です。一般的なトラックに詰め込めないような大きな荷物の運搬やフェリーで運ぶような長距離運搬などを担う車輌です。一度に大量の荷物を運ぶことができ、フェリーなどに積み込むときにはセミトラクターから切り離して輸送することが出来るため人件費の節約ができます。セミトレーラーには用途に合わせて様々な形状のものがあり大きく分けて、平床式セミトレーラー(通称まな板)、バン型、海上コンテナ型の3つに分類することができます。さらにこの中にいくつもの種類が作られています。ただし、全て一般公道を走行できるよう(15t?30t)という規格内で作られています。希少性のあるトラックで沖縄県でもときどき見かけますね。

 

「コンテナ専用車」と呼ばれるトラック
コンテナ専用車とは、コンテナの中でも国際ISO規格の基準を満たすサイズのものを専用に搭載する車両です。 そのため、同じコンテナを運搬する車両でもアームロールやフックロールといった脱着ボディー車とは異なります。コンテナそのものに2t以上の重量があるため、セミトレーラー型やフルトレーラー型など単車よりも最大積載量の大きい車両が広く使用されていますが、 中にはトラックの荷台に直接積載するコンテナトラックも存在します。沖縄県でもたまに見かけます。

 

「アームロール・フックロール」と呼ばれるトラック
アームロール・フックロールとは、トラックの荷台自体を脱着することができるもので、ボディー部分をコンテナと呼びます。このコンテナをダンプ機構によって排出できる機能をもっています。脱着装置のアームの先端にはフック(爪)が付いています。トラックのシャーシ部分に装着されている脱着装置のアームの付いているフックを引っ掛けて、ボディーを脱着する仕組みとなっています。動力で押し出されるアームでコンテナは、コンテナの後部に付いているローラーにより転がるようにスライドし地面を引きずっていたようにはならず、コンテナをトラックから引き離すことにより、積み込み作業中にもトラックを移動させることも可能なのです。引き上げられたコンテナは、キャリア車に完全にロックされた状態になります。スライド式のアームは、天井の低い建屋入り口等の低い位置での作業でコンテナに傾斜を付けられることでダンプ排出も可能になっています。操作は運転席のリモコンから行えます。希少で価値の高いトラックで沖縄県でも高額査定がつくトラックです。

 

「ロールオン」と呼ばれるトラック
ロールオンとは、新明和工業株式会社が販売している脱着ボディシステム車の一種です。荷台部分にアームが取り付けられているのが特徴で、このアームによってコンテナの脱着を行います。 また、ダンプ機構や車両後部のローラーなども搭載されていて、脱着や排出の際もスムーズです。沖縄県でも見かけるトラックです。アームロールと異なるのは、ウインチによるロールの巻上げによってコンテナの脱着を行う点で、アーム式の脱着ボディー車に比べて脱着時の作業スペースを取りません。 そのため、狭い場所や建物内での使用に向いていますが、過積載や接触などでワイヤーに負荷がかかり過ぎた場合には切断のリスクもあります。

 

「クローラークレーン」と呼ばれるトラック
クローラークレーンとは、自ら原動機を備えていてクローラー(キャタピラー)履帯で走行することが可能な移動式クレーン車です。キャタピラーは接地面積が広く、一般的なクレーンではアウトリガーによって伸ばされたクレーンを支えますが、キャタピラー自体がアウトリガーの役割を果たすため、柔らかな地盤の上や舗装されていない路面などのクレーン作業に適しています。ただし、キャタピラーは速度が非常に遅く公道を走る事はできません。そのため、現場への移動の際には牽引車輌などの大型トラック輸送の力を借りなければならなくなります。場所によっては沖縄県でも目にすることがありますね。

 

「ホイールクレーン」と呼ばれるトラック
ホイールクレーンとは、ゴムタイヤ付きの車軸に支えられた車両の台車の上に、クレーン装置を架装しているクレーン車になります。走行とクレーン作業を1つの運転室で操作を行い、ラフテレーンクレーンはこの種類になります。車輪は、四輪式と三輪式とに分けられ、転倒防止のためのアウトリガーを装備しています。アウトリガーが装備されていない場合、クレーン作業時に前輪のタイヤの外側に鉄輪を取り付けて接地面積を増やし、安定させる構造のものもあります。クレーン作業と走行の動力には、走行体に設けられた原動機を使用しています。現在では、フォークリフトに作業が代用されてきており、ほとんど使用されていません。めったに見かけませんが沖縄県にもあるようですよ。

 

「オールテレーンクレーン」と呼ばれるトラック
オールテレーンとはすべての地形という意味をもっていて、どんな不整地でも走行でき、また高速走行可能な大型クレーン車です。「オルタークレーン」ともよばれています。走行体の運転席で走行し、上部旋回体の運転席でクレーン操作を行います。吊り上げ能力は100t以上、最高で550tを吊り上げることができる車種もあります。全輪駆動、全輪操舵ができますので、車体が大きいが小回りが利くようになっています。作業現場への移動には上部旋回体と下部走行体を分割し、夜間に先導車をつけて移動運搬します。これもめったに見かけませんが沖縄県にもあるようです。

 

「ラフテレーンクレーン」と呼ばれるトラック
ラフテレーンクレーンとは、英語で不整地の荒れた地面を走行することができるという意味を持っています。「ラフタークレーン」との別称もあり、ホイールクレーンに属しています。4輪駆動、4輪操舵システムを搭載し、悪路でも走行、作業が可能となっており、 また、車体が短いので、市街地などの狭い現場で用いられています。吊り上げの能力が、2?10t、25t、50t、70t級と豊富なバリエーションがあります。公道の走行には大型特種自動車免許が必要となり、クレーン作業には荷重が5t以上の時は、 移動式クレーン運転士免許が必要になります。また、5t未満は技能講習、1t未満は特別教育を修了していれば可とされています。希少性のある車種で沖縄県にも少数ながらあるようです。

 

「フルクレーン」と呼ばれるトラック
フルクレーンとはクレーン車の一種です。トラッククレーンの荷台がクレーン専用になっていいて、運転席で走行用とクレーン操作が行えます。土台はトラックがベースになっているため、走行性が高い車輌です。全重量が30t以下の車輌では公道を走行できるため工事現場から工事現場まで自走して移動することができます。小型タイプから大型タイプまで幅広い種類があり、工事現場や建設現場などで活躍します。小型タイプはトラックメーカーの汎用シャーシを利用しているものが多く、クレーン機能は機械式のものと油圧式のものがあります。沖縄県でも活躍していますよ。

 

「小型トラック」と呼ばれるトラック
小型トラックとは、軽トラック全般のことを指していると言っても過言ではありません。サイズ的な違いはあるものの、だいたい全長3400mm以下で、全幅1480mm以下、全高2000mm以下、排気量660cc以下となっています。また、トラックと言っても軽自動車に変わりないので、誰でも運転できます。日本メーカーでは小型トラックの生産が盛んで、さまざまなバリエーションがあります。沖縄県をはじめ日本全国で超大活躍ですね。

 

「中型トラック」と呼ばれるトラック
中型トラックの判別としては、主に大型トラックと小型トラックでないトラックを中型トラックとします。いずれにしても、両者に分類されないトラックであることが条件です。ただし、中型といっても、4t以上5t未満、2t以上5t未満など、ケースがまったく違います。また、4t車といった条件もあるので、定義はひとつではないのです。なお、中型トラックは普通免許でも運転することが可能で、大型免許は必要がありません。それゆえ沖縄県でも非常に人気の高いトラックです。

 

「増トントラック」と呼ばれるトラック
増トントラックとはつい最近になって出てきた名称です。その背景には、平成19年6月の免許改正があります。これによって、「中型免許新設」に伴った車種こそ、増トントラックなのです。この増トントラックは、かなり注目されているトラックのひとつであり、現中型免許以上を取得していないと運転できません。つまり、普通免許では運転不可となっています。沖縄県でも大活躍です。

 

「大型トラック」と呼ばれるトラック
大型と聞くと、とても大きなトラックをイメージすると思いますが、普通トラックと呼ばれるものがこのトラックを指します。そのほかにも、10t、20t車、25t車も大型トラックになります。大型トラックにもそれぞれ種類があり、使用用途によってサイズが異なってきます。なお、大型免許がないと運転できないことも、特徴の一つといっていいかもしれません。沖縄県の道路を日々走っています。

 

「2トントラック」と呼ばれるトラック
2トントラックの定義としては、車両総重量5トン未満、最大積載量3t未満となっています。普通免許における改正によって、普通免許でも運転することが可能です。あまり2トントラックと聞くとイメージしにくいかもしれませんが身近なトラックで表現すると、宅急便のトラックなどが該当します。よく見かけるコンビニメーカーの配達車両も同様にこのトラックです。それゆえ沖縄県だけでなく日本全国で日々大活躍のトラックです。

 

「4トントラック」と呼ばれるトラック
4トントラックとは、車両総重量8t以下で最大積載量5トン以下と定められています。普通免許で運転することができる、もっとも大きなトラックとしても有名です。4トントラックの最大積載量は、名称どおりに4トンと把握している人が多いようですが、実は総重量8トンまで積むことが可能となっています。バリエーションが豊かで使いやすさが魅力的なトラックと言えるでしょう。2トントラック同様に沖縄県でも人気のトラックです。

 

「10トントラック」と呼ばれるトラック
10トントラックのサイズは、高さ3.8m、幅2.5m、長さ12mと決められています。多くの荷物を積載する必要があり、なおかつ長距離輸送しなければならない時に有効なトラックです。主に宅急便の長距離輸送トラックとして使用されているのが、このトラックだと思います。高速道路などで見かける大きなサイズのトラックは、この10トントラックです。使用用途はさまざまで、各企業によって違いがあります。沖縄県の道路でもよく見かけるトラックですね。

 

「マイクロバス」
マイクロバスとは、車両総重量8,000kg未満・最大積載量5,000kg未満、乗車定員が11人から29人に設定されているバスのことで、運転の際に大型免許を必要としないのが特徴です。車体は7m級の小型バスよりも小さく、長さ6m、幅2m程度とコンパクトなので、細い路地にも入ることができる小回り性能をもちます。福祉車両として特装されている車両には、スロープや車いす用の昇降リフトが装備されているものも多く存在しています。また、乗車定員を10名以下、車両総重量を5,000kg未満に架装した場合は、普通運転免許で運転できる点も特徴です。主に、キャンピングカーや街宣車といった用途で改造登録されることが多く、高速道路を走行する際に普通車料金で通過できるなどのメリットがあり新車・中古車問わず人気があります。もちろん沖縄県でも大人気です。

 

>>無料査定(沖縄県全域に対応)

【沖縄県|中古|2t 4t 10t|トラック|2トン 4トン 10トン|買取 価格 相場 一括査定|売る 売却|沖縄県】