日本のトラックやバスは100万キロを超えても海外で元気に走っている

大型トラックやバスの寿命とは?

トラックといっても660ccの軽トラック〜10トン以上の大型トラックまでさまざまで、バスも10人乗り〜50人乗り以上の大型バスまでさまざま。

 

主に大型車に限定して調べてみました。

 

果たして、大型トラックや大型バスの寿命とは?

 

そして、何万キロまで走行できるのか!?

トラックやバスは何万キロまで走れるのか?

通常、普通車の場合は10万キロを超えると廃車扱いとなり、査定額は0円に近しくなりますが、今回は廃車になることをさておき、日本車が何万キロくらい走れるのかを調べてみました。

 

大手の廃車専門業者では、全国対応にて廃車を取り扱っているため、年間で多くの廃車依頼を承っています。

 

その中で、一番走行距離が多い自動車を確認してみると、ハイエースの501,000キロでした。

 

 

それでは、トラックやバスはどうでしょう。

 

10トンを超えるトラックなどは100万キロを超えているものも珍しくありません。

 

数年前に200万キロ以上走行したトラックを保有しているとして、メーカーに表彰された方がいましたが、10トントラックの場合は200万キロ以上走行しているトラックはたくさんあるでしょう。

 

さて、バスを見てみましょう。

 

バスもトラックと同様に長距離走行をする自動車として使われています。

 

しかし、みなさんの記憶にも新しい高速バスの事故。

 

それによって、バスでの行動自体を敬遠している方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、自動車を運転しない高齢者の方々にとっては移動手段の一つであることは間違いなく、特に海外においては移動手段の主役といっても過言ではありません。

 

日本の場合、一般論として20年で200万キロ程度が一つの目安となります。

トラックやバスが海外で人気の理由

自動車販売事業者の中には、トラックやバスを働く車と言う方々がいます。

 

海外のバイヤーから人気があるのはまさに「働く車」だからです。

 

もっと分かりやすく表現すると「金を稼ぐ車」です。

 

金を稼ぐことができる車を欲しがる人は非常に多いようです。

 

日本の中古バスや中古トラックは、アジアをはじめとしてアフリカなど後進国への輸出が盛んに行われています。

 

海外旅行に行った際に、日本語の看板が塗装されているようなバスやトラックまたは重機を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

海外では、どの国をとってもトラックは働く車として、バスは移動手段として重宝されているのです。

 

 

日本車の中古トラックや中古バスは、日本国内でも海外でも同様に、100万キロを超えても利用されています。

 

今後、商業車部門においても日本の製造技術を生かし、「丈夫な車、壊れにくい車」として人々に愛され、日本車が世界への普及を拡大していくでしょう。

 

トラックを売りたいあなたには、当サイトがおすすめする無料買取査定をぜひお試しいただきたいです。

 

あなたの車のおおよその「買取相場」が即座に確認できますし、買取額に満足できなければ契約する必要もありません。

 

利用は無料なのでお気軽にご利用いただきたいと思います。

トラック王国(1社査定)

 

・ここは<結果が早い>です。

・金額の提示も早いし、質問の回答も早いし、売却後の諸手続きも早く、なによりも担当者の対応は顧客満足度最上級です。


・<結果が早い>のは「トラック王国」1社だけの査定だからです。


・トラック王国は商用車買取サイトとしてはたぶん最も知名度が高いところではないでしょうか。


・買い取り内容も充実していて、平ボディ・ダブルキャブ(Wキャブ)・幌車・アルミブロック・オープントップバン・ドライバン・パネルバン・ボトルカー・ホイールクレーン・オールテレーンクレーン・ラフテレーンクレーン・クローラークレーン・フルクレーン・セーフティローダー・セルフローダー・車両運搬車(車載車・積載車)・重機運搬車・回送車・ヒップリフター・コンテナ専用車・アームロール・フックロール・マルチリフト・ロールオン・トレーラー(ヘッド)・ウイングトレーラー・セミトレーラー(セミトレ)・ダンプトレーラー・ハイリフトトラクター・箱車(アルミウイング・アルミバン)・幌ウイング・パネルウイングなどなど様々な形状のトラックを安定的に高価買取してきた実績があります。

・事故や故障で不動車となったのですぐに別のトラックに乗り換えたい、あるいは事情があってすぐに現金化したい車両がある…というときは、できるだけ短時間で手短に売却先を決めたいものです。


・そんなときの一番のおすすめがトラック王国です。


・1社だけの見積査定なので、金額の交渉を含めても<結果が早い>です。

トラックはどんな形状であっても常時引き合いのある車種なので安定的に高値査定が見込めるのが強みです

(※)「日本のトラックやバスは100万キロを超えても海外で元気に走っている


・ネットの見積査定も無料ですし、出張査定も無料です。自宅や事業所に買取店の担当者がやってきてその場で現金買取してもらえるのもトラック王国のウリです。


・また車両の名義変更など買い取りにともなう面倒な手続きがある場合はトラック王国が代行してくれるので通常業務に影響しないのがありがたいですよ。

 

日本国内すべての地域に対応

 

トラック一括査定王(5社査定)

 

より高い査定額を勝ち取るには複数の買取店の競合が有利です。

 

・こちらのサイトでは商用車買取業界の有力5社を厳選しています。

 

・「トラック王国」「1069堂(トラック堂)」「買取の王道」「トラックジャパン」「ソッキン王」の5社です。

 

・この5社は一般の車買取でいえばガリバー・カーセブン・ビッグモーター・カーチス・ユーポスといった大手の買取店です。

 

・あなたが売りたいトラックの情報を1度入力すると、5社から買取額の提示があります。

 

・通常、その中の上位2社〜3社にしぼって交渉を進めます。

 

査定する担当者は他社が競合していることを知っているので、おのずと査定額は上がります

 

・このように複数社による競合なので1社だけの買取と違ってそれなりに時間とエネルギーが必要になります。

 

・でもそのかいあって最終的な買取額はより高額になるのが通例です(世の常ですね)。

 

・車両の売却を決意され、売却手続きを完了させるまである程度時間に余裕があるなら、「トラック一括査定王」の利用をおすすめします。

 

・希望額に近い(あるいはそれ以上の)買取結果が得られると思いますよ。

 

<※>複数社を競合させ最後に1社を選ぶのですから、当然「お断り」を入れなければならない業者が出てきます。その際「トラック一括査定王」の担当者があなたの代わりに「お断り代行」をするサービスができたんです! 実際やってみるとわかりますが、これはすごくありがたい(精神的負担感を減らせる)サービスですよ。

 

日本全国すべての地域に対応

日本全国のご自宅・事業所等に無料で出張査定に行きます!

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・山梨県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・愛知県・三重県・奈良県・和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県