相続の対象となる車の買取や廃車は可能ですか?

相続の対象となる車の買取や廃車は可能ですか?

【(亡くなった)親名義の車を売却するなら、一人で悩まずに、車買取店に相談するのが一番】

 

相続の対象となる車の買取や廃車は可能ですか?

たとえば、親が亡くなってその親が乗っていた車を売ろうと思っても、車は相続財産となるので、勝手に売却することはできません

<※>軽自動車は相続財産とみなされず、勝手に売ることができます。

 

家や土地などと同じように、まず誰がその車を相続するのかを決め、相続人が決まれば、自由に売ることができます。

 

こうした一連の手続きは、一人でやろうとするとかなり厄介で面倒です。

 

だから、結論を先に言うと、こうしたことは一人で抱え込まずに、たとえば車の売却先(車買取店)の担当者に相談すれば、親身になって一連の手続きについて教えてくれるので、そのアドバイスに従って動けば、案外スムーズに事が運ぶものです

 

身近に法律に詳しい人がいればそういう人に相談するのもいいですし、弁護士や司法書士などの専門家に手続きを依頼するのもいいですが、しかし、これらの人に相談・依頼しても、相続に関しては解決するでしょうが、そのあと車を売却する手続きが残ってしまいます。

 

2度手間です。

 

最初から車買取店の担当者に一連の手続きについての指示を仰げば、一気通貫、相続から車の売却まで一気に事が運び、解決してしまいます

 

車買取店の担当者に相談する場合なら、役所で取り寄せる書類代等は必要になるものの、その他特別なお金はかかりません。

 

以上ここまで書いてきたことは、車を買い取る側から見ればよくわかることです。

 

車買取店から見れば、目の前に利益を生む物件(所有者が亡くなった車)があるのです。

 

ただしその車はまだ相続手続きが完了していないからすぐには買えない。

 

ではどうするか?

 

相続から車買取までの一連の手続き方法を教えてあげればいいのです。

 

そうすればその車を買い取ることができ、利益を得ることができるのですから。

 

だから全部あなた一人で抱え込んで一連の手続きをすべて自力でやろうなどと考えずに、まず車の売却先を決め、そこの担当者に手続き方法(必要とする書類も含めて)を教えてもらえばいいのです

 

それが一番実務的・実際的な解決法です。

 

 

【(参考)相続に必要な書類〜相続する状況によって必要書類は変わる〜】

 

必要書類は「誰がどのように相続するか」で変わってきます。

 

よくある3つのケースをご紹介します。

 

ちなみに、車買取店や行政書士などの第三者に名義変更の手続きを依頼する場合は、委任状に相続人全員の押印が必要です。

 

相続人が一人しかいない場合
・相続人が確認できる戸籍謄本
・元の所有者が亡くなったことを確認できる除籍謄本
・相続人の印鑑証明
車庫証明書(亡くなった人と住所が同じであれば必要なし)
・売却時に必要な書類一式

 

複数いる相続人のうちの一人が相続する場合
・相続人全員が確認できる戸籍謄本
・元の所有者が亡くなったことを確認できる除籍謄本
・相続人全員の印鑑証明
車庫証明書(亡くなった人と住所が同じであれば必要なし)
遺産分割協議書
・売却時に必要な書類一式

 

相続人が複数いて、複数の相続人が共同名義で相続する場合
・相続人全員が確認できる戸籍謄本
・元の所有者が亡くなったことを確認できる除籍謄本
・相続人全員の印鑑証明
車庫証明書(亡くなった人と住所が同じであれば必要なし)
・売却時に必要な書類一式

 

これまで書いてきたように、相続が絡む車の売却は、まず車の売却先を決め、その車買取店に相談するのがもっとも実際的・経済的なやり方です。

 

トラックを売りたいあなたには、当サイトがおすすめする無料買取査定をぜひお試しいただきたいです。

 

あなたの車のおおよその「買取相場」が即座に確認できますし、買取額に満足できなければ契約する必要もありません。

 

利用は無料なのでお気軽にご利用いただきたいと思います。

トラック王国(1社査定)

 

・ここは<結果が早い>です。

・金額の提示も早いし、質問の回答も早いし、売却後の諸手続きも早く、なによりも担当者の対応は顧客満足度最上級です。


・<結果が早い>のは「トラック王国」1社だけの査定だからです。


・トラック王国は商用車買取サイトとしてはたぶん最も知名度が高いところではないでしょうか。


・買い取り内容も充実していて、平ボディ・ダブルキャブ(Wキャブ)・幌車・アルミブロック・オープントップバン・ドライバン・パネルバン・ボトルカー・ホイールクレーン・オールテレーンクレーン・ラフテレーンクレーン・クローラークレーン・フルクレーン・セーフティローダー・セルフローダー・車両運搬車(車載車・積載車)・重機運搬車・回送車・ヒップリフター・コンテナ専用車・アームロール・フックロール・マルチリフト・ロールオン・トレーラー(ヘッド)・ウイングトレーラー・セミトレーラー(セミトレ)・ダンプトレーラー・ハイリフトトラクター・箱車(アルミウイング・アルミバン)・幌ウイング・パネルウイングなどなど様々な形状のトラックを安定的に高価買取してきた実績があります。

・事故や故障で不動車となったのですぐに別のトラックに乗り換えたい、あるいは事情があってすぐに現金化したい車両がある…というときは、できるだけ短時間で手短に売却先を決めたいものです。


・そんなときの一番のおすすめがトラック王国です。


・1社だけの見積査定なので、金額の交渉を含めても<結果が早い>です。

トラックはどんな形状であっても常時引き合いのある車種なので安定的に高値査定が見込めるのが強みです

(※)「日本のトラックやバスは100万キロを超えても海外で元気に走っている


・ネットの見積査定も無料ですし、出張査定も無料です。自宅や事業所に買取店の担当者がやってきてその場で現金買取してもらえるのもトラック王国のウリです。


・また車両の名義変更など買い取りにともなう面倒な手続きがある場合はトラック王国が代行してくれるので通常業務に影響しないのがありがたいですよ。

 

日本国内すべての地域に対応

 

トラック一括査定王(5社査定)

 

より高い査定額を勝ち取るには複数の買取店の競合が有利です。

 

・こちらのサイトでは商用車買取業界の有力5社を厳選しています。

 

・「トラック王国」「1069堂(トラック堂)」「買取の王道」「トラックジャパン」「ソッキン王」の5社です。

 

・この5社は一般の車買取でいえばガリバー・カーセブン・ビッグモーター・カーチス・ユーポスといった大手の買取店です。

 

・あなたが売りたいトラックの情報を1度入力すると、5社から買取額の提示があります。

 

・通常、その中の上位2社〜3社にしぼって交渉を進めます。

 

査定する担当者は他社が競合していることを知っているので、おのずと査定額は上がります

 

・このように複数社による競合なので1社だけの買取と違ってそれなりに時間とエネルギーが必要になります。

 

・でもそのかいあって最終的な買取額はより高額になるのが通例です(世の常ですね)。

 

・車両の売却を決意され、売却手続きを完了させるまである程度時間に余裕があるなら、「トラック一括査定王」の利用をおすすめします。

 

・希望額に近い(あるいはそれ以上の)買取結果が得られると思いますよ。

 

<※>複数社を競合させ最後に1社を選ぶのですから、当然「お断り」を入れなければならない業者が出てきます。その際「トラック一括査定王」の担当者があなたの代わりに「お断り代行」をするサービスができたんです! 実際やってみるとわかりますが、これはすごくありがたい(精神的負担感を減らせる)サービスですよ。

 

日本全国すべての地域に対応

日本全国のご自宅・事業所等に無料で出張査定に行きます!

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・山梨県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・愛知県・三重県・奈良県・和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県